プレカット とは住宅建築における木工事部分について、現場施工前に工場などで原材料を切断したり加工を施しておくことをいいます。

今までの、建築現場で木材を加工していた方法に比べ、作業における時間の短縮を実現できることでコストダウンが図れます。また、手加工よりも精度や強度が高く、無駄な材料を省くことが可能になります。

それにより、高精度な構造部材を作ることができ、住宅の耐久性を向上させる製品を提供できるようになりました。



鎌継手とアリ継手を加工する機械(全景)






←鎌継手とアリ継手を
加工する機械




ほぞを掘る機械




本実(ほんさね)加工機

フローリングなどの実(さね)を加工する機械

※実(さね)とは、板の側面側、傍(そば)、脇に付けた突起を云います。



本実(ほんさね)加工機と追っかけ継加工機(全景)





←追っかけ継を加工する機械

※追っかけ継は、大栓を組み合わせた最も接合強度の大きい継手です。




四面プレナー掛け

木材を入れたら四面を加工します。

←超仕上自動カンナ機

かんなを自動でかける機械


プレカット全景